HOME>トピックス>急増する若手経営者と必要な下積みの経験に関して

目次

確実に利益を生むには

店員

景気に左右されやすい職業ではありますが、あたると大きく儲けを出すことが出来るのが飲食店です。レストラン、ラーメン店、スナックやラウンジも広い意味では飲食店に分類されます。ただ、新規に出店をした飲食店の約四割が三年以内の閉店を余儀なくされています。厳しい世界であることを胸に刻んで進むことが、成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。一口に飲食関係と言っても、仕事内容は多岐に及んでいます。普段目にするのは、ホールやレジ係の従業員ではないでしょうか。アルバイトやパートが割合を多く占めていますが、皆さん高いプロ意識を持っています。

従業員教育の必要性

飲食店のオーナーになった場合、従業員の研修や管理が重要な役割になります。長く続けてもらうことで、お店の信頼や能率が格段に上がります。挨拶や接客マナーを身に付けさせることで、お客様からの信頼が更に厚くなります。また、トイレや洗面スペースの掃除も重要な仕事です。成功している経営者ほど、水回りは人に任せることを嫌います。自らが最終のチェックを行うことで、お客様は気持ち良く使えるようになります。電子マネー対応の飲食店が増えていることで、キャッシュレス化への対応も急務となります。

広告募集中